自社ローンの分割とメリット

高額商品の購入に便利な自社ローン

高額商品の購入に便利な自社ローン 車や高額の家電製品の購入の際に、一括での支払が難しいとローンや分割払といった支払い方法があります。
通常の方法は、信販会社をはじめとする信販会社が、購入者の信頼情報を確認し、与信に通った場合に、貸付を行うと言う方法が取られます。
購入者が、携帯電話の支払の滞納があったり、クレジットカードの支払が滞ったりするようなことがあると、信用情報会社に事故登録がされるため、与信を通すことができずに、借入れができないと言うことが起こります。
最近、自社ローンという形で、商品の販売会社が貸付けを行うケースが出てきました。
自社ローンは、販売会社が購入者に貸し出しをする形をとるため、独自の与信が行われます。そのため、前述のような信用情報会社に事故情報がある方でも、ローンを利用することができることもあります。
販売会社が金融機関から、会社の与信で借入れをすることで資金を調達するため、信頼できる販売会社であれば、個人が分割払いを行う金利よりも低い金利で資金を準備できます。
また、販売会社は、商品の販売による利益も上がっているため、信販会社などが用意するローンよりも安い金利で借入れができる場合もあります。
自社ローンは販売会社にも、利用者にもメリットのあるローンです。

車の自社ローンを分割で支払うメリット

車の購入における自社ローンとは、ローン会社を通さずに購入者の社会的信用を給与や仕事の安定性から判断して中古車を販売するものです。購入代金は月々分割で支払います。
自社ローンを利用するメリットは中古車販売店が販売するので金利がつかないことです。普通の販売店で自動車を分割購入すると2割位の利息がつき金利分も毎月払わなくてはいけません。
具体的な例で言うと100万円の中古車を通常の方法で購入すると117万円から123万円ほど総額で払わなくてはいけません。
しかし、自社ローンを使って購入すると購入代金の100万円を支払うだけでいいのです。若い人にとって20万の差はとても大きいといえます。 購入する側にとってこの方式はとても魅力的ですが、行っている販売店の数はそれほど多くありません。
なぜなら中古車を仕入れ整備する費用が販売店にかかってしまったり安全を保証することが新車に比べて難しかったりするからです。
通常の購入方法の場合は勤続年数が長く収入が安定していないと審査に通りません。
そのため若い人は審査が通りにくいのですが、自社ローンの場合は現段階で仕事があり収入があればいいので若い人でも審査を通過してマイカーを持つことができます。

おすすめの「自社ローン」関連リンク

自社ローン専門の中古車販売サイト

自社ローン